外壁塗装のQ&A

工事について

  • Q. どんな流れで工事が進んでいきますか?

    お客様からお問い合わせをいただいてから現地にて建物診断をさせていただいております。

     

    建物診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

     

    建物診断を行った後、診断報告やお見積もりのご提出、工事についてのご説明をさせていただきます。お見積もり内容や工事についてご納得していただけましたらご契約を結び、工事のスケジュールを組んでいきます。

     

    工事スケジュールにつきましては、お客様のご都合もあると思いますので、ご要望がありましたら遠慮なくスタッフにお申し付けください。工事日程につきましては事前に工程表をお渡し致します。

     

    塗装工事は以下の工程で進んでいきます。

     

    着工前の挨拶→足場の設置→高圧洗浄→養生→劣化補修→下地処理→塗装開始(下塗り〜中塗り〜上塗り)→最終確認・完了検査

     

    塗装工事は天候により左右されます。雨が降った場合は工事が中止になることもあり、雨天により工事が遅延する可能性もあることをご了承ください。工事に遅延や変更などがある場合は、事前にご報告させていただきます。

     

    工事流れについてはこちらの「お問い合わせからの流れ」でもお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

    “””

  • Q. 工事の音が気になるのですが、大丈夫ですか?

    塗装工事の作業で音が発生してしまう工程は以下になります。

     

    ・足場の設置と撤去(設置・撤去各1日ほど)

    ・高圧洗浄(1日ほど)

    ・下地処理ケレンなど(1日ほど)

    ・補修の際の解体工事(1日ほど)

     

    塗装工事は比較的に他の工事と比べて音が出にくい工事になります。塗装の工程に入ってしまえばそこまで作業の音は気にならないかと思います。

     

    足場の設置と解体の際は、足場部材の接続や脱着する時の金属音が鳴ります。補修の際に発生する音については、工事内容により変わりますが、ある程度の範囲を解体しなければいけないケースだと大きめの音が鳴ることもあります。また、これは塗装作業中も同じことが言えるのですが、足場の登り下りするときの音も聞こえてくるかと思います。

     

    上記で挙げたことや作業中の音については、どうしても発生してしまうことですので、大変に申し訳ございませんが、多少の音についてはご了承をいただけると幸いです。できるだけご配慮をさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

     

    もちろん、どうしても作業の音が気になるという方は、現場の職人にお申し付けください。工事中もお客様が快適に生活をおくれるように細心の注意を払って作業を行わせていただきます。

     

    当社については「当社の強み」でお伝えさせていただいておりますので、ぜひこちらもご覧になってください。

    ***

  • Q. 雨の日の作業はどうなりますか?

    雨漏りの緊急処理を除き、雨の日に関しては、大変申し訳ないのですが作業を行うことができません。
    天候により作業日程の変更が生じることがあります。

  • Q. ご近所の方に挨拶って行ってもらえるの?

    もちろん、施工前にはご近所様にご挨拶に伺っております。車両の出入りや、作業内容など、一通りご案内しております。
    案内がご不要な場合は、その旨お申付けください。

  • Q. 工事中は家の車はどうすればいいの?

    工事に支障がでるなどの止む終えない場合、工事中は移動してもらうこともありますが、支障がなければ止めていただくことも可能です。
    その際ですが、ペンキの飛散防止のため自動車用のカバー掛けさせていただきますのでご了承ください。

  • Q. 実際の工事期間はどのくらいですか?

    工事内容、家の大きさ、形状によっても変わるため一概は言えませんが、屋根カバー工法であれば、1週間程度、葺き替えであれば、2~3週間を目安としてお考えいただければと思います。
    着工日が決まりましたら工程表も提出致します。その際、スケジュールの調整が必要であれば臨機応変に対応いたしますのでご安心ください。

お見積・保証について

  • Q. 何社か見積もりを取ったとき、各社面積が違うのはなぜですか?

    これは当社もお見積りをお出しするときに、よくあることです。

    面積が違う理由としては、いくつかありますが、

    ① 面積をきちんと計っているかどうか。

    ② 開口部(窓や玄関など)を抜いているか。

    これらが主な理由です。

    建坪だけで安易に見積もりを提示する業者も中にはいるようですので、お気をつけください。

    詳しくは、工事業者の選び方をご覧ください。

その他

  • Q. 外壁塗装はどんな塗料を選べばいいのですか?

    現在主流となっているのはシリコン樹脂塗料です。しかし、一概にシリコン樹脂塗料がおすすめというわけではなく、建物の状態や環境、外壁材の種類によっておすすめできる塗料が変わってきます。

     

    塗料はたくさんの種類があり、耐用年数や性能もそれぞれに異なります。お客様のご要望も考慮して適した塗料を選ぶことが大切ですので、塗装をする時期になっていましたら塗装業者に依頼して状態を診断してもらい、どの塗料がいいかアドバイスをもらうことをおすすめします。

     

    株式会社アイライトPは無料で診断を行っておりますので、メンテナンスのことでなにかお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

     

    無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

     

    塗料を選ぶときは、性能や耐用年数、予算など求めていることを明確にしておくことがポイントです。塗料に配合される樹脂により耐用年数が延びたり、短くなったりしますので、塗料の種類も把握しておくといいでしょう。

     

    塗料の中には劣化因子を抑えるラジカル制御式塗料や熱の影響を抑制する遮熱塗料、断熱塗料があります。詳しくは下記のページでお伝えしておりますので、良ければこちらもご参考にしてください。

    「塗料について」

    *mu*

 

東海知多の施工事例

知多市、東海市、大府市、常滑市、半田市、知多郡など東海知多エリア全域対応の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級施工管理技士
  • 建設業許可証
  • 職長安全衛生教育者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛作業主任者
  • 高所作業車運転
  • 足場組立等作業主任者
  • 他、多数

News & Topics